株式会社イークル 株式会社イークル

SEOSEO

投稿日: 2024年4月23日

E-E-A-T(旧E-A-T)とは? SEOでGoogleが評価する4つの要素を徹底解説

E-E-A-Tとは何か

経験(Experience)

「経験」とは、そのトピックについて実際の経験を持っているかどうかを指します。例えば、旅行ブログの運営者が実際にたくさんの観光地を訪れた経験があれば、そのコンテンツの経験値は高くなります。

一方で、経験がない人が書いた二次情報は、そこまで経験値が高いとは評価されません。ユーザーは生の体験談を求めているため、一次情報ほど価値は高くないと判断されがちです。

経験値の高さは、専門性を示す大きな指標のひとつになります。そのトピックを熟知しているかどうかを経験値が物語るため、経験豊富なコンテンツは質が高いと判断される可能性が高まるのです。

専門性(Expertise)

「専門性」とは、そのジャンルに関する高い知識やスキルを持っているかどうかを意味します。コンテンツの質を左右する大きな要素と言えます。

例えば、医療系の記事を例に取ると、医師が書いた内容のほうが一般人が書いたものよりも専門性が高いと判断されるでしょう。専門家によるコンテンツは、正確な知識と適切な表現が用いられているため、信頼性が高まります。

逆に、専門知識が不足していると、ユーザーにとって価値の低い内容になってしまう可能性があります。専門性の低いコンテンツは、検索結果の上位に表示されにくくなります。

分野によっては、長年の経験から培われた高度な専門性が求められます。新しいトピックや専門外のジャンルでコンテンツを書く際は、専門家の監修を受けるなどし、専門性を確保する工夫が必要不可欠です。

権威性(Authoritativeness)

「権威性」は、そのトピックや業界において権威があるかどうかを表す指標です。分野によっては、実績や経歴、知名度が権威性を左右する大きなファクターになります。

例えば、自動車に関する情報を発信する場合、有名レーサーが書いたコンテンツのほうが一般人が書いたものよりも権威性が高くなるでしょう。世間からの評価や実績が高いという点で、読者の信頼を得やすいためです。

権威性は、業界での認知度と密接に関係しています。知名度が高ければ高いほど、その情報源に対する信頼性も高まります。そのため、比較的マイナーな分野のコンテンツを発信する際は、権威性を高める工夫が必要不可欠です。

信頼性(Trustworthiness)

「信頼性」は、そのサイトやコンテンツが信頼できるかどうかを表す指標です。サイトの運営体制や情報の正確性、公平性などが評価の対象となります。

運営者情報が不透明なサイトよりも、会社概要や連絡先が明記されているサイトのほうが信頼性は高くなります。また、偏りのない中立的な内容や、出所が明確な正確な情報ほど、信頼性が高く評価される傾向にあります。

Googleは特に医療や法律、金融など、ユーザーの生活に大きな影響を与えるコンテンツに対して、信頼性を重視する傾向があります。間違った情報が与える被害を防ぐためです。

なお、信頼性の根底には、経験、専門性、権威性といった他の3要素が存在しています。単に信頼できるサイトだけでなく、それらの裏付けがあるかどうかも重要な判断材料となるのです。

このように、E-E-A-Tの4つの要素はお互いに関連し、コンテンツの質を左右します。いずれかの要素が欠けていると、Googleから高く評価されなくなるリスクがあります。

E-E-A-TがGoogleのSEOで重要視される理由

それでは、なぜGoogleはE-E-A-Tを重視するようになったのでしょうか。その最大の理由は、質の高い検索結果をユーザーに提供したいというGoogleの強い意向によるものです。

近年、検索ボリュームの多い人気キーワードを狙って、SEOに特化した大量のコンテンツが生産されるようになりました。しかしながら、そうしたコンテンツの中には、内容が薄く、事実関係が曖昧で、ユーザーにとって価値の低いものも少なくありませんでした。

優れた検索エンジンであり続けるには、こうした低質なコンテンツを排除し、有用で信頼できる情報のみを上位に表示する必要があります。そのための基準がE-E-A-Tであり、Googleはこれらのチェックポイントを設けることで、質の高い検索体験を実現しようとしているのです。

質の高い検索結果を提供できれば、検索ユーザーの満足度が上がり、結果的にGoogleのシェアも高まります。そのため、GoogleはE-E-A-Tの基準を満たしたコンテンツを上位に評価することで、ユーザーのニーズに応えようとしているのです。

一方で、E-E-A-Tの基準を無視したサイトやコンテンツは、権威性や専門性が低く、信頼できないコンテンツだと判断される可能性があります。そうなれば、Googleから評価されず、検索順位が下がってしまうリスクがあります。

このように、E-E-A-Tはユーザー目線に立った検索体験の実現を目指すGoogleの姿勢を体現したものと言えます。サイト運営者はこの基準を意識し、質の高いコンテンツ制作に心がける必要があるでしょう。

YMYLとE-E-A-Tの関係性

E-E-A-Tは、あらゆるジャンルのコンテンツに共通して求められる基準ですが、GoogleはYMYL(Your Money or Your Life)と呼ばれる特定のジャンルに対して、より厳しいE-E-A-Tの評価基準を設けています。

YMYLとは、金融、医療、安全や法律など、ユーザーの収入や生命に直接的な影響を与えるジャンルを指します。このような重要なジャンルでは、信頼性や専門性の低い情報がユーザーに与える影響が極めて大きくなります。

例えば、医療系のコンテンツで誤った治療法が提示されていれば、ユーザーの健康被害に直結する恐れがあります。また、金融に関する間違った情報があれば、経済的な損失を招く可能性があるでしょう。

そのため、GoogleはYMYLジャンルについては、E-E-A-Tの評価基準を通常よりも厳しくしています。医療機関や金融機関のドメインを優遇したり、著名な専門家によるコンテンツを高く評価したりするなどの対応を行っています。

こうすることで、ユーザーに有益で正確な情報のみを提供できるようになります。また、信頼性の低いコンテンツがユーザーに与えるリスクを最小限に抑えられるのです。

YMYLの概念は、2017年の健康アップデートで初めて示されました。このアップデートによって、医療情報の質に関するガイドラインが大幅に強化されたのです。以降、GoogleはYMYLジャンルのE-E-A-Tへの対応を着実に進めています。

このように、E-E-A-TとYMYLは密接に関係しています。両者の概念を理解することが、高品質なコンテンツの制作につながるのです。

E-E-A-T評価を高める具体的な施策

サイトやコンテンツのE-E-A-T評価を高めるには、どのような施策が有効でしょうか。ここからは、経験、専門性、権威性、信頼性の各要素に沿った対策方法を詳しく解説します。

経験(Experience)を高める施策

一次情報を活用する

経験値を示す一次情報をコンテンツに盛り込むことで、E-E-A-Tの評価を高められます。一次情報とは、自らの実体験に基づく生の情報のことです。

例えば、旅行ブログの場合、実際に訪れた観光地の写真やエピソード、感想を掲載するのが一次情報の活用になります。一次情報には高い信頼性があり、ユーザーにとっても価値の高い情報となるためです。

実体験に基づかない二次情報よりも、一次情報のほうが説得力があり、経験値が高いと評価されます。投稿者自身の実体験を盛り込むことが重要なのです。

実体験やユーザーレビューを掲載する

上記に加えて、一般ユーザーの実体験やレビュー情報を掲載することも経験値を高める有効な手段です。例えば、レビューサイトではユーザーの体験談を掲載することで、経験値の高さをアピールできます。

ただし、レビューの信頼性を保つための運営体制は不可欠です。実在しないユーザーによる書き込みや、事実と異なる内容のレビューが投稿されないよう、厳格な審査と管理が求められます。

ユーザーレビューの信頼性が保たれていれば、それらの情報はコンテンツの経験値を高める強力なアセットとなるでしょう。運営者と読者の両者にメリットがあるコンテンツ作りを心がけましょう。

専門性(Expertise)を高める施策

特定ジャンル/テーマに特化する

サイトの専門性を高めるには、特定のジャンルやテーマに的を絞ることが有効な手段です。多くのジャンルを幅広くカバーするよりも、ある1つのテーマに特化したサイト運営を心がけましょう。

そうすることで、そのテーマに関する高い専門性を持つサイトと認識されやすくなります。例えば、「自動車」というジャンルに絞ったサイトであれば、自動車に関する高い専門性があると評価されるでしょう。

一方、雑多なジャンルをカバーしていると、「何の専門サイトなのか分からない」と受け取られる可能性があります。コンテンツの幅を狭め、奥行きを深くすることで専門性が高まるのです。

専門家に監修やインタビューをしてもらう

自社に専門家がいない場合でも、外部の専門家に監修やインタビューを依頼することで専門性を高めることができます。

例えば、医療系のコンテンツであれば、医師に監修を受けることで正確で分かりやすい情報を提供できます。また、法律に関するコンテンツなら、弁護士へのインタビューを交えることで説得力が増すでしょう。

専門家の監修を経たコンテンツほど、ユーザーから信頼される可能性が高まります。外部の専門家と連携し、コンテンツの質を一層向上させる努力が求められるのです。

権威性(Authoritativeness)を高める施策

著者情報や運営者情報を明記する

コンテンツの信頼性を高めるには、執筆者や運営者の情報を明記することが重要です。経歴や実績、専門分野などを詳しく公開することで、コンテンツの権威性が高まります。

Webサイトには執筆者や運営会社の紹介ページを設け、関連する経歴や資格、著書などをきちんと掲載しましょう。例えば、旅行メディアであれば旅行ライターやブロガーとしての実績を、ビジネス系のメディアであれば経営やマーケティングの専門家として活躍している点をアピールするなどです。

こうした情報開示を怠ると、コンテンツの権威性が疑われてしまう可能性があります。必要な情報を明確に提示することで、ユーザーからの信頼を確保できるのです。

質の高い被リンクを獲得する

権威性を示す指標のひとつが、他サイトからの被リンクです。特に業界の権威サイトから多くの被リンクを獲得できれば、自サイトの権威性は高まります。

そのため、SEO対策の一環として外部サイトからの被リンクを増やすことは有効な施策といえます。ただし、単に被リンクの数を重視するのではなく、質的な観点から被リンク先を慎重に選ぶ必要があります。

例えば、関連性の低いサイトからの被リンクを大量に得ても、権威性を高める効果は期待できません。むしろ、同業他社や業界の有力サイトからの被リンクを獲得することが理想です。

被リンクを獲得する具体的な方法としては、ユーザー視点に立った価値の高いコンテンツを提供し続けること、業界での存在感を高めること、被リンクに値する魅力的なコンテンツを意識的に作ることなどが挙げられます。

SEO外部対策の基本とポイントを徹底解説!被リンクとサイテーションの獲得方法

サイテーションを増やす

サイテーションとは、SNSやニュースメディアなどで自社やコンテンツが言及される事象を指します。有名なインフルエンサーやメディアからサイテーションされれば、権威性が高まるでしょう。

例えば、著名なYouTuberが自社の製品を動画で紹介したり、大手ニュースサイトで自社の経営者が専門家として引用されたりすれば、コンテンツの権威性が向上します。一般の人々から見て、「この情報源は権威があり、信頼に値する」と評価されるからです。

もちろん、サイテーションを積極的に企画・実施するのは手間がかかります。しかし、それだけ権威性の獲得に大きな影響を与えるのがサイテーションの効果です。

マーケティングやPR施策の一環として、効果的なサイテーション獲得を意識することが求められます。

サイテーションとは?意味や被リンクとの違い、SEO、MEO効果や獲得方法を徹底解説!

信頼性(Trustworthiness)を高める施策

サイトをSSL(HTTPS)化する

信頼性を高める最低限の取り組みが、サイトのSSL(HTTPS)化です。HTTPSプロトコルによる通信の暗号化は、ユーザーのプライバシーやデータを守る上で不可欠な対策です。

逆にHTTPのまま放置していると、通信の危険性が高く、Googleからの信頼性も低くなりがちです。ユーザーに対して、「このサイトは安全ではない」といったマイナスのシグナルが出てしまうのです。

SSL化によるHTTPSサイトへの転換は、セキュリティリスクを回避するだけでなく、Googleの評価向上にも役立つでしょう。最低限の信頼性を確保するために、SSL化は必須の施策と言えます。

編集方針ページを作成する

コンテンツの質と信頼性を高めるために有効なのが、編集方針ページの作成です。この中で、運営理念やコンテンツ制作のルール、監修フローなどを明記することで、コンテンツ制作の透明性が確保できます。

例えば、情報の正確性を担保するために、複数の専門家によるチェックを経ていること、根拠となる情報源を必ず明記していることなどの方針をわかりやすく記載します。編集プロセスの詳細を明らかにすることが重要です。

編集方針ページさえ作れば信頼性が高まる訳ではありませんが、コンテンツの制作体制が整っていることをユーザーに伝えられる一助になります。信頼性の向上を目指すうえで、有効な取り組みと言えます。

Googleビジネスプロフィールに登録する

企業のWebサイトであれば、Googleビジネスプロフィールに登録するのも有効な施策です。Googleビジネスプロフィールは、企業情報をGoogle検索やマップ上に掲載できるサービスです。

こうした公的な場所で正しい企業情報が開示されていれば、信頼性が高い会社であると認識されやすくなります。特にローカルビジネスの場合、潜在的な利用客からの信頼獲得が容易になるでしょう。

さらに、Googleビジネスプロフィールでは投稿された口コミを確認できます。適切な対応と改善を行うことで、ユーザーの信頼をさらに高めることができるはずです。

コンテンツを常に最新化する

信頼性を損なうもっとも危険な要因は、古くなった情報の放置です。膨大な量のコンテンツを運営している事業者ほど、その危険性は高くなります。

そのため、定期的なコンテンツの更新によって、常に最新の情報を提供し続ける体制を整えることが重要です。ユーザーから信頼されるコンテンツとは、いつの時代でも正しく役立つ情報でなくてはなりません。

特に製品情報や法律、技術的な情報といった、変化の激しい分野では、より頻繁な最新化が求められます。記事の投稿日や更新日を明記し、最終更新の時期をユーザーに開示するなどの対応が有効です。

コンテンツの質を維持し、信頼性の低下を防ぐためにも、メンテナンス体制の強化が不可欠といえるでしょう。

E-E-A-T対策に役立つテクニック

これまでE-E-A-T対策として様々な施策をご紹介してきました。最後に、それらの施策をさらに効果的に行うためのテクニックをご紹介します。

構造化データの活用

構造化データでサイトの情報をマークアップすることは、E-E-A-Tの評価アップに役立ちます。構造化データとは、データに意味を持たせるための記述方法です。これにより、Webページの情報を検索エンジンが適切に理解しやすくなります。

具体的には、企業情報や執筆者情報、専門分野などを構造化データとしてマークアップすると有効です。これにより検索エンジンが、そのサイトやコンテンツの権威性や専門性、信頼性をよりスムーズに判断できるようになります。

構造化データを活用すれば、より効率的にE-E-A-Tの各要素を示すことが可能です。ただし、正しくマークアップできるかどうかが重要なポイントです。運用体制を整え、構造化データの活用を積極的に検討しましょう。

ブランディングと指名検索の強化

ブランディングを強化し、指名検索を増やすことも、E-E-A-T対策として有効です。指名検索とは、企業名やサービス名、商品名などを直接検索語として入力することを指します。

例えば「トヨタ 新型クラウン」といった検索は、自動車メーカーのトヨタという企業名を含む指名検索に該当します。この種の検索が増えれば、トヨタのブランディングが浸透し、その結果としてトヨタサイトの権威性や信頼性が高まることになります。

指名検索の増加は、企業の知名度向上を示す指標のひとつです。その企業や商品に対する社会的認知や信頼が高まっていることを物語るのです。つまり、効果的なブランディング施策により、自然とE-E-A-Tの向上を狙えます。

このようにブランディング強化と指名検索増加は、結果としてE-E-A-T評価につながるのです。SEOとブランディングの両輪で総合的に対策を行うことが、賢明なE-E-A-T対策方法と言えます。

UGCサイトでは品質管理が重要

ユーザー投稿型のUGC(User Generated Content)サイトでは、投稿されるコンテンツの品質管理が不可欠です。品質の低い投稿を放置すれば、サイト全体の信頼性が低下してしまうためです。

運営者は、厳格な審査とルール設定により、適切なコンテンツのみを公開できる体制を整える必要があります。例えば投稿ガイドラインを設け、それに沿った投稿のみを許可するなどが考えられます。

さらに、投稿者の信頼性も確認することが大切です。匿名の投稿者による書き込みは信ぴょう性に乏しいため、投稿者情報の開示を求めるのが理想的でしょう。

UGCサイトは本質的に品質管理が困難ですが、その分E-E-A-Tの重要性が高くなります。効果的な品質管理を行うことで、信頼できるUGCサイト運営につなげられるはずです。

E-E-A-Tの評価はどのように行われるか

E-E-A-Tのスコアリングはありませんが、Googleが内部で行う評価プロセスでは、様々な側面からE-E-A-Tの適合度が判断されています。

第一に着目されるのが、他サイトからの被リンク状況です。被リンク元サイトの質や関連性、そこから発せられるコメントなどを分析することで、E-E-A-Tの程度が推し量られます。

特に、権威サイトやユーザーから高い評価を得ているサイトからの被リンクは、E-E-A-Tを満たしていると見なされる大きな材料になるでしょう。

次に、コンテンツそのものの質が評価されます。例えば、医療系のコンテンツが正確な知識と専門用語を用いて丁寧に記述されていれば、執筆者の専門性が高いと判断されやすくなります。

また、情報源が明記されていたり、コンテンツに偏りがなく公平な内容になっていたりすれば、信頼性が認められるでしょう。経験値を示すエピソードや体験談なども、プラスの材料となります。

さらに、構造化データの正確性や、Googleビジネスプロフィールとの整合性なども総合的に検討されます。運営体制の透明性や、ユーザーへの情報開示の程度も、信頼性を判断する際の参考材料になるかもしれません。

このように、E-E-A-T評価には様々な要素が絡んできますが、明確なスコアリングはありません。運営するサイトやコンテンツのE-E-A-T適合度を総合的に判断する、抽象的な評価プロセスだと捉えるべきでしょう。

しかし、そうした評価の過程で、経験、専門性、権威性、信頼性のいずれかが著しく欠けているサイトは低く評価される可能性が高まります。ユーザーが期待するレベルのE-E-A-Tを満たしていないと見なされれば、検索順位が下がってしまうリスクもあるのです。

逆に、E-E-A-Tの理念に沿って真摯に対策を行えば、各要素を高い水準で満たせる可能性も高まります。検索順位が維持・向上すれば、E-E-A-T対策の成果が表れたと言えるでしょう。

まとめ

本記事では、E-E-A-T(経験、専門性、権威性、信頼性)という概念について、Googleがコンテンツの質を評価する上で重視する4つの要素を徹底的に解説してきました。

E-E-A-Tとは、「経験」「専門性」「権威性」「信頼性」の4つの要素から構成される評価基準です。Googleはこれらの要素を満たしたコンテンツを上位に評価し、検索結果の質の向上を図ろうとしています。

特に、ユーザーの金銭や生命に直接影響する「YMYLジャンル」においては、E-E-A-Tのより厳格な運用が求められています。信頼性の低い情報がユーザーに与えるリスクを回避するためです。

E-E-A-T対策を行うメリットは、検索順位の向上だけにとどまりません。質の高いコンテンツを継続的に発信できれば、ユーザーの満足度や企業の信頼性も高まり、結果として持続的な集客が期待できるはずです。

本記事では、E-E-A-Tを高める具体的な対策方法を多数紹介しました。Webサイト運営者は、これらの取り組みを積極的に実施し、質の高い情報発信に努めることが重要です。

WEBのお困りごとはイークルへお任せください

私たちイークルはWEBサイト制作から集客改善・改革・革新など、
専門知識をもったメンバーが、どのような施策を行えば成果を最大化させることができるのか
考え実行するグロースハック・カンパニーです。

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-5579-2609 10:00~19:00 土日・祝祭日を除く

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ