株式会社イークル 株式会社イークル

SEOSEO

投稿日: 2022年4月18日

【2024年最新版】SEO対策の基本と具体的な方法をわかりやすく解説

SEO対策とは?

SEO(Search Engine Optimization)とは、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで自社のWebサイトを見つけやすくするための取り組みのことです。
例えば、あなたがインターネットで「不用品回収 東京」と検索したとき、検索結果の上位に表示されるサイトは、SEO対策がうまくいっているといえます。
SEO対策を行うことで、自社のWebサイトが検索結果の上位に表示される可能性が高くなります。
そうすることで、より多くの人に自社のサイトを見てもらうことができ、新しいお客さんを獲得したり、売上を伸ばしたりすることにつながります。
現代では、多くの人がインターネットで情報を探したり、商品を購入したりしています。
だからこそ、自社のWebサイトが検索エンジンで上位に表示されることは、とても重要なのです。
SEO対策には、Webサイトの内容を充実させたり、他のサイトからリンクしてもらったりするなど、様々な方法があります。
これらの取り組みを続けることで、自社のWebサイトを多くの人に見てもらい、認知度の向上やブランディングにも効果が期待できます。

SEO対策を行うメリット

検索流入の増加

SEO対策を行うことで、検索エンジンからの流入を増やすことができます。自社のWebサイトが検索結果の上位に表示されることで、ユーザーがクリックする可能性が高くなります。
特に、商品やサービスを検索しているユーザーは、購買意欲が高い傾向にあるため、適切なキーワードで上位表示されれば、見込み客の獲得につながります。

検索エンジンからの流入は、広告とは異なり、ユーザーが自発的にアクセスするため、質の高いトラフィックが期待できます。

広告費を抑えられる

SEO対策は、長期的な視点で見ると、広告費を抑えることができます。検索連動型広告などの運用型広告は、クリック課金型のモデルが一般的であり、継続的にコストがかかります。
一方、SEO対策は初期投資が必要ですが、一度上位表示されれば、継続的に検索流入を獲得できるため、長期的にはコストパフォーマンスに優れています。ただし、SEO対策は競合他社との競争も激しいため、継続的な取り組みが必要です。

ブランディング効果

SEO対策による上位表示は、ブランディング効果も期待できます。検索エンジンの上位に自社のWebサイトが表示されることで、ユーザーに対して、自社が信頼できる企業であるという印象を与えることができます。
また、特定の分野で上位表示されることで、その分野における専門性や権威性をアピールすることもできます。ブランディング効果は、直接的な売上には結びつきにくいものの、長期的な視点で見ると、企業価値の向上につながります。

SEO対策のデメリット

SEO対策を行うデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

効果が出るまでに時間がかかる

SEO対策は、一朝一夕で結果が出るものではありません。コンテンツの最適化や内部対策、外部対策など、様々な施策を継続的に行っていく必要があります。
検索順位が上がり、自然検索からの流入が増加するまでには、数ヶ月から数年の期間を要することもあります。短期的な効果を求める場合には、SEO対策だけでは不十分な場合があります。

専門的な知識とスキルが必要

SEO対策を行うためには、検索エンジンのアルゴリズムや、Webサイトの構造、HTMLなどの専門的な知識とスキルが必要です。
専門的な知識がない場合、効果的なSEO対策を行うことが難しく、場合によっては、逆効果になることもあります。社内にSEOの専門家がいない場合は、外部の専門家に依頼する必要があり、コストがかかる可能性があります。

検索エンジンのアルゴリズムに依存する

SEO対策は、検索エンジンのアルゴリズムに大きく影響を受けます。検索エンジンのアルゴリズムは、定期的にアップデートが行われており、SEO対策の効果が変化することがあります。
アルゴリズムのアップデートによって、これまでの施策が無効になったり、ペナルティを受けたりする可能性があります。
検索エンジンのアルゴリズムは非公開であるため、完全に対策を立てることは難しい面があります。

コストがかかる

SEO対策を行うためには、一定のコストがかかります。社内にSEOの専門家がいない場合は、外部の専門家に依頼する必要があり、コンサルティング費用などがかかります。
また、コンテンツの制作や、Webサイトの改修なども必要になる場合があり、その際にもコストが発生します。長期的な視点で見ると、SEO対策は費用対効果の高い施策ではありますが、初期投資が必要になる点は注意が必要です。

競合他社との競争が激しい

SEO対策は、競合他社との競争が非常に激しい領域です。同じキーワードで上位表示を目指す競合他社が多数存在する場合、検索順位を上げることが難しくなります。
特に、競合他社がSEO対策に力を入れている場合、自社の施策が功を奏さない可能性があります。競合他社との差別化を図り、ユニークな施策を打ち出していく必要があります。

SEO対策の基本的な進め方

キーワードの選定

SEO対策を行う上で、まず重要なのがキーワードの選定です。自社の商品やサービスに関連する適切なキーワードを選定することが、SEO対策の基本となります。
キーワードの選定に際しては、自社の商品やサービスの特徴、ターゲットとなる顧客層、競合他社の動向などを考慮する必要があります。また、検索ボリュームや難易度などのデータを活用し、適切なキーワードを選定することが重要です。

キーワードの選定には、Google広告のキーワードプランナーなどのツールを活用することができます。また、競合他社の上位表示キーワードを分析することで、効果的なキーワードのアイデアを得ることもできます。選定したキーワードは、Webサイトのタイトルやメタディスクリプション、見出しタグ、本文中に自然な形で盛り込むことが重要です。

コンテンツの最適化

SEO対策において、コンテンツの最適化は非常に重要な要素です。検索エンジンは、コンテンツの質や関連性を重視しており、ユーザーにとって価値のある情報を提供することが求められます。
コンテンツの最適化には、キーワードを適切に盛り込むことに加え、オリジナリティのある情報を提供することが重要です。

コンテンツを作成する際は、ユーザーの検索意図を意識することが大切です。単にキーワードを羅列するのではなく、ユーザーが求める情報を的確に提供することが求められます。また、コンテンツの見出しや段落構成にも気を配り、読みやすく理解しやすい構成を心がけることが重要です。加えて、画像や動画などの視覚的要素を取り入れることで、コンテンツの訴求力を高めることもできます。

内部対策

内部対策とは、自社のWebサイト内部の最適化を行うことを指します。内部対策には、サイト構造の最適化、URLの最適化、内部リンクの最適化などが含まれます。
サイト構造については、階層構造を明確にし、ユーザーにとってわかりやすいカテゴリ分けを行うことが重要です。
また、URLはシンプルで理解しやすいものを使用し、内部リンクを適切に設置することで、サイト内の導線を最適化することができます。

内部対策を行う際は、Webサイトの表示速度にも注意が必要です。表示速度が遅いと、ユーザーの離脱率が高くなる傾向にあります。
Webサイトの表示速度を改善するためには、画像の最適化やCSSやJavaScriptのファイルサイズの圧縮などの施策が有効です。また、モバイルフレンドリーな設計も重要です。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末からのアクセスに対応できるよう、レスポンシブデザインを採用することが求められます。

外部対策

外部対策とは、自社のWebサイト以外の外部サイトからの被リンクを獲得することを指します。被リンクとは、外部サイトから自社のWebサイトへのリンクのことです。
検索エンジンは、被リンクが多いサイトを重要度が高いと判断する傾向にあります。そのため、質の高い外部サイトから被リンクを獲得することが、SEO対策において重要な要素となります。

外部対策を行う際は、自然な被リンクの獲得を心がけることが大切です。過剰なリンク交換や購入などの人為的な被リンクの獲得は、検索エンジンからペナルティを受ける可能性があります。
自然な被リンクを獲得するためには、質の高いコンテンツを作成し、外部サイトから引用されるような情報を提供することが重要です。
また、SNSでの情報発信やプレスリリースの配信なども、被リンクを獲得する有効な手段の一つです。

参考:SEO外部対策の基本とポイントを徹底解説!被リンクとサイテーションの獲得方法

SEO対策で重要な概念

E-E-A-T

E-E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Experience(経験)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字を取ったものであり、検索エンジンが重視する品質評価の指標の一つです。E-E-A-Tは、特にYMYL(Your Money or Your Life)と呼ばれる、金融や健康などに関連する分野において重要視されています。

E-E-A-Tを高めるためには、専門性の高い情報を提供することが重要です。専門家による監修や、信頼できる情報源からの引用などを取り入れることで、コンテンツの専門性を高めることができます。また、運営者の経歴や実績を明示することで、権威性や信頼性を向上させることもできます。E-E-A-Tは、ユーザーにとって価値のある情報を提供するために重要な概念であり、SEO対策においても考慮すべき要素の一つです。

参考:E-E-A-T(旧E-A-T)とは? SEOでGoogleが評価する4つの要素を徹底解説

検索アルゴリズムの理解

検索エンジンは、独自のアルゴリズムを用いて、検索結果の順位付けを行っています。検索アルゴリズムは、日々進化しており、SEO対策を行う上では、その動向を把握することが重要です。代表的な検索アルゴリズムの更新として、Googleではペンギンアップデートやコアアルゴリズムアップデートなどが知られています。

検索アルゴリズムは、コンテンツの質や関連性、ユーザー体験などを重視する傾向にあります。そのため、SEO対策を行う際は、検索エンジンの求める要素を理解し、それに沿った施策を行うことが重要です。
ただし、検索アルゴリズムの詳細は非公開であり、完全に把握することは困難です。
そのため、ユーザーにとって価値のある情報を提供し、Webサイトの品質を高めることが、長期的なSEO対策において重要な指針となります。

ユーザーファーストの考え方

SEO対策において、ユーザーファーストの考え方は非常に重要です。検索エンジンの目的は、ユーザーにとって最も関連性の高い情報を提供することであり、ユーザーの満足度を高めることが検索エンジンの使命です。
そのため、SEO対策を行う際は、常にユーザーの視点に立ち、ユーザーにとって価値のある情報を提供することが求められます。

ユーザーファーストの考え方に基づいたSEO対策を行うためには、ユーザーの検索意図を理解することが重要です。単にキーワードを盛り込むだけでなく、ユーザーが求める情報を的確に提供することが必要です。また、Webサイトのユーザビリティを高め、ユーザーにとって使いやすく、わかりやすいサイト設計を心がけることも重要です。ユーザーファーストの考え方に基づいたSEO対策は、長期的な視点で見ると、自然な流入の獲得や、ブランディング効果にもつながります。

具体的なSEO対策の方法

質の高いコンテンツ作成

SEO対策において、質の高いコンテンツの作成は非常に重要です。質の高いコンテンツとは、ユーザーにとって価値のある情報を提供し、オリジナリティがあり、信頼性の高いコンテンツを指します。
質の高いコンテンツを作成するためには、まずはユーザーの検索意図を理解することが重要です。ユーザーが求める情報を的確に提供し、わかりやすく伝えることが求められます。

コンテンツを作成する際は、キーワードを適切に盛り込むことも重要ですが、過度なキーワードの使用は避けるべきです。自然な文脈の中で、キーワードを盛り込むことが望ましいです。
また、オリジナリティのある情報を提供することも重要です。他のサイトにはない、独自の視点や情報を盛り込むことで、コンテンツの価値を高めることができます。加えて、信頼性の高い情報源からの引用や、専門家の監修を得ることで、コンテンツの信頼性を向上させることもできます。

タイトルとメタディスクリプションの最適化

タイトルタグとメタディスクリプションは、検索結果に表示される重要な要素であり、SEO対策において最適化が必要な部分です。
タイトルタグは、検索結果の見出しとして表示され、ユーザーがクリックするかどうかを決定する重要な要素です。
タイトルタグには、ページの内容を的確に表現し、キーワードを盛り込むことが重要です。一方、メタディスクリプションは、検索結果の説明文として表示され、ユーザーがページの内容を理解する上で重要な役割を果たします。

タイトルタグとメタディスクリプションを最適化する際は、キーワードを盛り込みつつ、ユーザーにとって魅力的で、クリックしたくなるような文言を使用することが重要です。また、タイトルタグは60文字程度、メタディスクリプションは120文字程度に収めることが望ましいとされています。これは、検索結果で表示される文字数に限りがあるためです。タイトルタグとメタディスクリプションは、ユーザーに対する最初のアピールポイントであり、SEO対策において最適化が必要な重要な要素の一つです。

サイト構造の最適化

サイト構造の最適化は、SEO対策において重要な要素の一つです。サイト構造とは、Webサイトのページ同士の関係性や、階層構造のことを指します。サイト構造が適切に設計されていないと、検索エンジンがサイトの内容を理解しにくくなり、検索結果での表示順位に悪影響を及ぼす可能性があります。

サイト構造を最適化する際は、階層構造を浅くし、ユーザーにとってわかりやすいカテゴリ分けを行うことが重要です。また、内部リンクを適切に設置し、ユーザーが目的のページに辿り着きやすいような導線を設計することも大切です。サイトマップを作成し、検索エンジンにサイト構造を伝えることも効果的です。サイト構造の最適化は、ユーザビリティの向上にも寄与するため、SEO対策だけでなく、Webサイト運営全般において重要な施策の一つです。

モバイルフレンドリー対応

近年、モバイル端末からのインターネット利用が増加しており、モバイルフレンドリー対応はSEO対策において欠かせない要素となっています。モバイルフレンドリーとは、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末で閲覧した際に、読みやすく、使いやすいWebサイトのことを指します。

モバイルフレンドリー対応を行うためには、レスポンシブデザインの採用が効果的です。レスポンシブデザインとは、画面サイズに応じてレイアウトが自動的に最適化される設計手法です。これにより、モバイル端末でも読みやすく、使いやすいWebサイトを提供することができます。また、モバイル端末での表示速度にも配慮が必要です。表示速度が遅いと、ユーザーの離脱率が高くなる傾向にあるため、画像の最適化やファイルサイズの圧縮などの施策が重要です。

ページスピードの改善

ページスピードとは、Webページが表示されるまでの速度のことを指します。ページスピードは、ユーザー体験に大きな影響を与える要素であり、SEO対策においても重要な指標の一つです。Googleは、ページスピードが遅いサイトを検索結果で下位に表示する傾向にあるため、ページスピードの改善は重要な施策の一つです。

ページスピードを改善するためには、様々な施策が考えられます。画像の最適化やファイルサイズの圧縮、不要なプラグインの削除、キャッシュの活用などが代表的な施策です。また、サーバーの性能も、ページスピードに大きな影響を与えます。高性能なサーバーを利用することで、ページスピードの改善が期待できます。ページスピードの改善は、ユーザー体験の向上だけでなく、SEO対策においても重要な施策の一つです。

SEO対策の効果測定

Googleアナリティクスの活用

SEO対策の効果を測定する上で、Googleアナリティクスは非常に重要なツールです。Googleアナリティクスは、Webサイトのアクセス解析を行うためのツールであり、ユーザーの行動や属性、流入元などの様々なデータを取得することができます。

SEO対策の効果測定において、Googleアナリティクスを活用することで、自然検索からの流入数や、検索キーワード、ユーザーの滞在時間、離脱率などの重要な指標を把握することができます。これらの指標を分析することで、SEO対策の効果を定量的に評価し、改善点を見つけることができます。また、Googleアナリティクスは無料で利用できるため、コストを抑えながらSEO対策の効果測定を行うことが可能です。

Googleサーチコンソールの活用

Googleサーチコンソールは、GoogleがWebサイト運営者に提供しているツールであり、SEO対策において非常に重要な役割を果たします。Googleサーチコンソールを活用することで、検索結果でのクリック数や表示回数、平均掲載順位などの重要な指標を把握することができます。

また、Googleサーチコンソールでは、サイトエラーの確認や、検索エンジンからの評価の確認、サイトマップの送信などの機能も提供されています。これらの機能を活用することで、Webサイトの健全性を維持し、検索エンジンからの評価を高めることができます。Googleサーチコンソールは、SEO対策において欠かせないツールの一つであり、定期的にチェックすることが重要です。

SEO対策の注意点

ブラックハットSEOの危険性

SEO対策を行う上で、ブラックハットSEOと呼ばれる手法には注意が必要です。ブラックハットSEOとは、検索エンジンの規約に反する手法を用いて、一時的に検索順位を上げる手法のことを指します。具体的には、キーワードの過剰な使用や、隠しテキストの埋め込み、リンクの購入などが代表的な手法です。

ブラックハットSEOは、一時的に検索順位を上げることができる可能性がありますが、長期的には検索エンジンからペナルティを受ける可能性が高くなります。ペナルティを受けると、検索結果から除外されたり、順位が大幅に下がったりするため、Webサイトの運営に大きな影響を及ぼします。ブラックハットSEOは、検索エンジンだけでなく、ユーザーにとっても好ましくない手法であり、避けるべき手法の一つです。

アルゴリズムのアップデートへの対応

検索エンジンのアルゴリズムは、日々進化しており、定期的にアップデートが行われています。アルゴリズムのアップデートにより、SEO対策の効果が変化することがあるため、常に最新の動向を把握し、対応することが重要です。

アルゴリズムのアップデートへの対応において重要なことは、ユーザーファーストの考え方を持つことです。検索エンジンのアルゴリズムは、ユーザーにとって価値のある情報を提供することを重視しています。そのため、ユーザーにとって有益な情報を提供し、Webサイトの品質を高めることが、長期的なSEO対策において重要な指針となります。また、アルゴリズムのアップデートにより、ペナルティを受ける可能性がある場合は、速やかに対応することが求められます。

まとめ:SEO対策は継続的な取り組みが重要

SEO対策は、一朝一夕で結果が出るものではなく、継続的な取り組みが重要です。SEO対策を行う上では、まずはユーザーファーストの考え方を持つことが大切です。
ユーザーにとって価値のある情報を提供し、Webサイトの品質を高めることが、長期的なSEO対策において重要な指針となります。

また、SEO対策は、様々な要素が複雑に絡み合っているため、包括的なアプローチが必要です。キーワードの選定、コンテンツの最適化、内部対策、外部対策など、様々な施策を組み合わせて行うことが求められます。
加えて、SEO対策の効果測定を行い、PDCAサイクルを回していくことも重要です。

以上が、SEO対策の基本と具体的な方法についての解説でした。SEO対策は、Webサイトの運営において非常に重要な役割を果たします。ユーザーファーストの考え方を持ち、継続的な取り組みを行うことで、検索順位の向上と自然検索からの流入増加を実現することができます。SEO対策は、短期的な施策ではなく、長期的な視点を持って取り組むことが重要です。

WEBのお困りごとはイークルへお任せください

私たちイークルはWEBサイト制作から集客改善・改革・革新など、
専門知識をもったメンバーが、どのような施策を行えば成果を最大化させることができるのか
考え実行するグロースハック・カンパニーです。

Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

03-5579-2609 10:00~19:00 土日・祝祭日を除く

メールでのお問い合わせはこちら

メールでのお問い合わせ

ご相談・お問い合わせ